【生活】国際交流プログラム


本校では海外からの留学生を1年間受け入れるプログラムを毎年実施しています。例年、本校の生徒と留学生はコミュニケーションをとるのに最初は苦労する場面が見られますが、学校生活を過ごしていくなかで、日本語や英語を交えながら、すぐに打ち解けあっていきます。2017年度は、オーストラリアとグアテマラから2人の男子生徒が来日して、高校2年生のクラスに入って昨年4月から学校生活を送ってきました。


帰国が近づくなか、1月13日にチャペルにてお別れのスピーチを日本語で行ってもらいました。来日当初に比べると、留学生の日本語力は格段に向上していて、内容的にも生徒の心に響くものでした。本校で過ごした1年間は2人の留学生にとってはもちろんのこと、本校の生徒にとってもかけがえのない時間になったのではないでしょうか。帰国までわずかな時間となりましたが、最後まで充実した留学生活を送ってほしいと願っています。

<< MGニュース一覧へ