【生活】卒業生講演会


4/14(土)、2~3年生を対象に卒業生講演会を行いました。

毎年、2年生には社会人として活躍する卒業生を招いています。高校生活、進路の決定、社会に出て感じることなどを中心に講演してもらいます。一方で、3年生には大学生の卒業生を招いて、大学生活や大学受験への学習方法を中心に講演してもらっています。


3年生は、生徒の進路に応じて各教室に分かれて講演を行います。時間の使い方、学習方法、進路を決定するうえでのポイント、大学生活など、多岐に渡る内容・体験談を卒業生に話しもらいました。講演会後には、積極的に卒業生に質問する生徒が見受けられ、進路について考える有意義なプログラムとなりました。

[講演会後の感想の一部]

  • 講演者全員のチャレンジ精神がすごく、多くの経験から知識を吸収して、養っていくものであることにきづかされた。そして、「自分の文化の幅をひろげる」という言葉が印象に残っている。高校生活の中で、自分の得意不得意に縛られることなく、さまざまな可能性をひろげていくべきだと感じた。
  • 講演者の中の1人が「無意識の選択をどれだけ意識に変えられるか」と述べていた。そして、自分たちが一日に約9,000もの選択をしていることに驚いた。話を聞いたことで、私は一つ一つのことに対してもっと考えて行動するべきだと思った。高校卒業後の進路に対して、自分とさらに向き合うことで、答えを見つけていきたい。

<< MGニュース一覧へ