【行事】体育祭実施


10/30、大井ふ頭中央海浜公園の陸上競技場にて、秋晴れの空の下、体育祭が行われました。体育祭の種目は、一人ひとりに活躍の場があるように定番の徒競走系の種目から、『おちゃらけリレー』といわれる種目(着ぐるみの着衣・麻袋に入る・ダンボール箱を持つなど)まで幅広い種目を設定しています。近年は、体育祭実行委員会の発案による新種目も毎年行われています。


クラス全員が参加する『大縄跳び』はクラスの団結力を必要とする種目。大縄跳びやその他の種目の練習を、朝の時間や昼休みを使って取り組む姿がどのクラスでも見られます。どのクラスも一生懸命に練習した成果が出ており、競技時間の3分間に各クラスの色が表れていました。
その他の競技を含めて、秋空の下、スポーツの秋にふさわしい一日となりました。

 

[総合順位] 1年生 2年生 3年生
1位 1A 2F 3A
2位 1F 2C 3E
3位 1G 2D 3D
[大縄跳び] 1A・1F(78回) 2G(79回) 3D(90回)

[体育祭実行委員長より]

今年は大幅な改革ではなく、昨年のマイナーチェンジを行うことで、質の高い体育祭を目指しました。ルールをより正確なものしたり、怪我人を減らすために練習期間から改善を行ってきました。
当日は様々なトラブルがありましたが実行委員や先生方と連携して、結果的に多くの生徒が楽しめた体育祭になったと思います。今年の反省点をしっかりまとめて来年度に引き継いでいきたいです。

<< MGニュース一覧へ