【学習】総合学習「韓国」食を通しての体験学習


総合学習は、調査や体験を通して課題解決能力を高めることが目的の一つです。1年生は「ガイダンス合宿」で学ぶ「キリスト教と明治学院」のレポート作成、2年生は、各テーマに基づいた授業と研修旅行(実地調査・体験学習)があります。6コースの中から自分で好きなコースを選択することができます。


総合学習「韓国」コースでは、韓国の文化を学ぶ一環として、韓国の食事を体験する授業を年に2回行っています。この日は家庭科室をお借りして、韓国海苔を用いた「キムパ」とジャガイモをすり下ろして焼いた「ジャガイモのジョン」を作りました。

普段の家庭科の授業で慣れているためか、生徒たちは準備や調理、後片付けをテキパキと行い、日本とは少し異なる韓国の食事を楽しんでいました。韓国コースの詳細はこちらをご覧ください。

<< MGニュース一覧へ