【行事】宿泊研修会


3/27~28にかけて宿泊研修会を実施しました。宿泊研修会は、春休み期間に大学施設を利用して行われており、あるテーマを設定して、それについて教員と生徒が議論を重ねていく企画で、参加は任意となっています。

毎年異なる講師の先生をお招きし、お話しを聞いて考えたり、新たな視点を知ってそれを共有したりするなど、内容の濃い二日間を過ごします。


夜は自由時間となっており、人生について語り合うものあり、トランプ大会する者あり、ただおしゃべりを楽しむ者ありと、普段の宿泊を伴う学校行事とは趣向の異なる一泊二日のプログラムです。

今年はアーサー・ビナード氏を講師にお招きし、「何を勉強すれば生き残れるのか」というテーマで研修を行いました。


ビナード氏の書いた絵本や詩、紙芝居、翻訳した絵本などを参考にしながら、「物事を掘り下げていくこと」「他人の体験を自分のこととして語れること」「物事の本質を見抜く力」「実際に行動すること」など、多くのことを学ぶことができました。

生徒たちはそれぞれ多くのことを感じとったようでした。何よりビナード氏の魅力的な人柄に誰もが惹きつけられた二日間となりました。

<< MGニュース一覧へ