【学習】総合学習「田舎暮らし」田植え作業


調査や体験を通じて課題解決能力を高めるのが本校の総合学習の目的です。2年生では各テーマに基づいた授業と研修旅行があります。6コース(長崎・沖縄・台湾・韓国・田舎暮らし・京都)を設定しており、自分で好きなコースを選ぶことができます。

「田舎暮らしコース」は新潟県入広瀬村を拠点に、現地の人々との交流をしながら、現地で借りた民家での生活や農作業を通して生きていくための術を学びます。都会生活を離れた時間と空間の中で「生きること」の厳しさを知り、同時に自然の素晴らしさも味わうことを目的としています。コースの詳細はこちらをご覧下さい。


6月8日(土)~9日(日)にかけて、新潟県魚沼市大白川に田植え作業に行ってきました。当日は前日までの悪天候が嘘のように晴れ、絶好の田植え日和になりました。例年は一反六畝の広さの田んぼを半分は手植え、半分は田植え機を使っていましたが、今年度は3時間かけて全て手植えで行いました。

現地の方のご指導の下、生徒たちは楽しみながら作業を進め、貴重な経験をすることが出来ました。稲が順調に成長していけば10月前半に稲刈りに行く予定です。

<< MGニュース一覧へ