【学習】2年生選択生物 ~原形質分離の観察~


2年生の選択生物では、授業で学ぶものをただ頭の中での知識に終わらせず、できるかぎり実際に監察を行ってそれを五感で経験することを大事にしています。そのため2時間続きの授業を使ってさまざまな実験を行っています。


今回は、2年生の最初に授業で学んだ原形質分離について、さまざまな濃度のスクロース溶液に浸したオオカナダモの葉の顕微鏡観察を通して確かめました。動画や静止画を撮影できるデジタル顕微鏡を駆使して、作製や観察がうまくいった生徒のプレパラートをモニターで放映し、うまくいかなかった生徒も実際に体験できるように配慮しています。

生徒たちは、授業時とは異なり、実験ではのびのびと、そして自由に頭を使って観察結果の考察を行っていました。

<< MGニュース一覧へ