【学習】総合学習「田舎暮らし」三期活動報告


調査や体験を通じて課題解決能力を高めるのが本校の総合学習の目的です。2年生では各テーマに基づいた授業と研修旅行があります。6コース(長崎・沖縄・台湾・韓国・田舎暮らし・京都)を設定しており、自分で好きなコースを選ぶことができます。

「田舎暮らしコース」は新潟県入広瀬村を拠点に、現地の人々との交流をしながら、現地で借りた民家での生活や農作業を通して生きていくための術を学びます。都会生活を離れた時間と空間の中で「生きること」の厳しさを知り、同時に自然の素晴らしさも味わうことを目的としています。コースの詳細はこちらをご覧下さい。

夏休み期間をⅠ~Ⅲ期に分けて、各期で特色のある体験を実施しています。三期は、ちまき作りに箸作り、ピザ窯を組み立てての手作りピザなど充実したアクティビティとなりました。

最終日は、ライフジャケットを着用して川遊びを行いました。宿泊は、生徒たちを3グループに分けて農家さんのご自宅に民泊体験。地域住民の方々との交流は生徒たちにとっての貴重な体験となったようです。

<< MGニュース一覧へ