【行事】体育祭実施


10/30、大井ふ頭中央海浜公園の陸上競技場にて、秋晴れの空の下、体育祭が行われました。体育祭の種目は、一人ひとりに活躍の場があるように定番の徒競走系の種目から、『おちゃらけリレー』(着ぐるみの着衣・麻袋に入ってジャンプ・ダンボール箱を持つなど)まで幅広い種目を設定しています。


近年は、体育祭実行委員会の発案による新種目も毎年行われています。

昨年に続いて行われた『ハラハラどきどきリレー』(ぐるぐるバット・カキ氷を食べる・おんぶで抱っこなど)などの種目も盛り上がりを見せていました。


クラス全員が参加する『大縄跳び』はクラスの団結力を必要とする種目。大縄跳びやその他の種目の練習を、朝の時間や昼休みを使って取り組む姿がどのクラスでも見られます。

どのクラスも一生懸命に練習した成果が出ており、競技時間の3分間に各クラスの色が表れていました。

[総合順位] 1年生 2年生 3年生
1位 1H 2H 3F
2位 1B 2G 3B
3位 1F 2E 3D
[大縄跳び] 1H(69回) 2B(87回) 3A(81回)

[体育祭実行委員長より]

今年の体育祭は、協議の結果、昨年までの競技のルールを改革することになりました。また、仮設校舎の工事の関係で、体育祭前に練習する機会が限定されてしまったこともあり、生徒たちを戸惑わせてしまったこともありました。

しかし、実行委員や先生方、そして他ならぬ全校生徒の協力のおかげで、当日は成功をおさめることができました。新体制には反省すべき点も見受けられたので、そこをしっかりまとめて来年度の体育祭につないでいきたいです。

  

<< MGニュース一覧へ