【生活】聖書について語る会


毎学期、定期試験の最終日や終業礼拝後に行われる企画に「聖書について語る会」があります。希望者を対象とした企画で、教員と生徒が交流する良い機会となっています。

今年度はモーセについて3回(各学期に一回)に分けて読んでいく計画で、12月14日(土)に2回目が行われました。

「モーセが罪を犯して逃げ、その後結婚して、神の声を聴く」という箇所を取り上げて、映画の一部を鑑賞ながら語り合いました。聖書の内容である「炎の中から神の声がした」を参考にして、燃えるように辛い(?)カレーを食べながらの和やかな会となりました。

聖書を理解出来ていない人でも参加すると楽しめる会ですので、今後も在校生のたくさんの参加をお待ちしています。 

<< MGニュース一覧へ