【学習】チャペルのパイプオルガンの学習


明治学院の礼拝堂には、オランダ製のパイプオルガンが設置されていて、日々の礼拝ではオルガンの音楽を聴き、讃美歌を歌います。

1年生の必修科目「キリスト教と音楽」では、毎年3学期にパイプオルガンについての学習を行い、オルガンという楽器の歴史や構造、音楽について学んでいます。


先日、1年生のクラスで、オルガニストの先生の解説を聞きながら、実際にチャペルの中にある大きなオルガンを見て触って学習する機会がありました。

生徒たちは普段立ち入り禁止のオルガンのバルコニーに上がって楽器の構造を見たり、実際にふいごや鍵盤を押して、音の出し方を体験しました。

<< MGニュース一覧へ