旧校舎をドローン撮影


旧校舎の取り壊しが始まる前に「校舎を映像に残そう」と、1月以降複数回にわたってドローンを使って撮影を行ってきました。撮影場所は、HR教室、図書室、家庭科室、美術室などの校舎からチャペルまで多岐にわたります。

撮影の最終日にはチャペル外側の撮影を行いました。在校生や多くの卒業生が青春時代を過ごした校舎やチャペルを本校の歴史の一部として映像に残すことができた一日となりました。


本校の卒業生が立ち上げたプロジェクト『思い出の場所を映像として記念に残そう』では、現在クラウドファンディングにて資金の提供を募っています。

詳細に関してはこちら(外部リンク)をご覧ください。

<< MGニュース一覧へ