【生活】青山霊園にて墓前礼拝と清掃作業


本校では、11月1日の学院の「創立記念日」を覚え、毎年この時期に墓地清掃を行い、墓前で礼拝を捧げています。

今年も参加を希望した生徒たちと教員でマイクロバスに乗り、南青山にある「青山霊園」を訪れました。


150年ほど前、遠い外国からはるばる日本にやってきて、たくさんの困難の中で明治学院のために力を尽くし、母国に帰ることなく日本でその生涯を終えられた宣教師とそのご家族が「青山 霊園 」の一角にある外国人墓地に埋葬されています。

秋空のもと、11基のお墓を皆できれいに掃除しお花を供え、その働きに感謝しながら墓前で礼拝を捧げました。


礼拝では、学院創立期に活躍して、現在はともに青山霊園に埋葬されている先達たちがなぜ、遠い日本に来て骨を埋めるまで尽くしたのか、ということに思いを馳せました。

そして、今ここにいる自分たちが聖書を学び神について知り、平和を求めて幸せに生きることこそが彼らの願いであり夢であったのではないか、ということを考えさせられた貴重なひと時となりました。

<< MGニュース一覧へ