本校を志望するみなさんへ ~校長からのメッセージ~


明治学院はキリスト教を基盤とした人間教育を160年近く行ってきました。みなさんにもこの明治学院で、思いっきり学び、充実した学校生活を通して、人間的な成長を遂げていただきたいと願っています。

明治学院に集い、ともに学ぶことを志されている受験生のみなさんにメッセージを送ります。

〇一般入試志望者へ

受験勉強は高校に入るための試験です。ただし、その勉強は高校へ入る「ため」にしか使えないものではありません。特に、本校の入学試験問題は中学内容の総復習を考えて作成されています。高校で学ぶことの基礎が中学の学びの中にあります。

受験に向けての勉強は必ず高校に入学後も役立ちます。「使い捨て」の勉強ではなく、しっかりと高校生活を意識して学習に取り組んでください。

〇推薦入試志望者へ

内申書の点数が確定して、一喜一憂されていることと思います。望む評定結果だった人はきっと学校生活を大事にして、学習を一所懸命努力してきたのではないでしょうか。ただし、ここで安心して「何もしない」ことのないようにしてください。一般入試を志望する受験生はこの瞬間も自らの学力を上げるために、時間を惜しんで勉強に励んでいます。

もし、この数ヶ月間何もしなければ学力は確実に低下していきます。高校入試はゴールではありません。高校生活への準備として中学の総復習をはじめとして、学ぶことを休まずに継続してみてください。

〇すべての志望者へ

思いっきり勉強することは一生の内にそう多くはありません。そう考えみるとこの時期は自分自身にとって大事なときなのです。つらくても学んだことはきっと役に立つときがくるはずです。

一人ひとりの進路がそれぞれに良いものになりますようお祈りしています。

校長:石川 理