【学習】歌舞伎教室を実施しました

本校では古典学習の一環として、毎年「歌舞伎教室」を実施しています。この教室は、古典芸能の舞台に直接触れさせることによって、伝統文化を理解する一助となることを目的としたものです。
去る6月9日(火)、1年生が国立劇場で「壺坂霊験記」を鑑賞しました。

生徒の感想の一部を紹介いたします。

中学生の頃にDVDで歌舞伎を見たことがあったが、生で見た方がはるかに迫力があった。舞台装置も思いのほか豪華で、全体的に今までの歌舞伎のイメージが変わった気がする。こんなにも長い間、歌舞伎が残っているのは、表舞台に立つ役者さん以外にも、御簾の中で演奏する人たちや、幕を引く人、拍子木を打つ人、衣装を作ったり着させたりする人たちがいて支えあっているからなのではないかと思った。また、歌舞伎には花道があったり、廻り舞台や定式幕があったりして、たくさんの発見もあった。予想以上に魅力がいっぱいだった。(女子生徒)

沢市(板東亀三郎)とお里(片岡孝太郎)の、互いを思い過ぎたゆえに起きてしまったすれ違いが悲しかった。自分の身を投げ捨ててでも、お里に迷惑をかけたくないという沢市の思いに圧倒されそうになった。また、沢市がいないから自分も死ぬというお里の行動にも驚いた。観音様を演じていた子どもの演技も素晴らしかった。少ししか出番はなかったが、かなり印象に残っている。三味線などの演奏も上手で、そのつど場面にあった弾き方をしていたので、非常に興味をそそられた。(男子生徒)

<< MGニュース一覧へ