【学習】総合学習『田舎暮らし』港区産きのこ収穫

二年次の総合学習は、6コース(沖縄・長崎・田舎暮らし・韓国・台湾・京都)の中から、自分で好きなコースを選択することができます。各コースで毎週1時間の授業を行い、それぞれで研修旅行が設定されています。

『田舎暮らしコース』は新潟県入広瀬村を拠点に、現地の人々との交流をしながら、現地で借りた民家での生活や農作業を通して生きていくための術を学びます。都会生活を離れた時間と空間の中で「生きること」の厳しさを知り、同時に自然の素晴らしさも味わうことを目的としています。コースの詳細はこちらをご覧下さい。

毎週の授業の中で、現地での活動目的や計画・振り返りなどを行っています。また、校内の敷地を利用して農作物を栽培しています。今週の授業の中で、生徒たちが当番で水やりをして大事に育ててきた秋の味覚『きのこ』の収穫を行いました。風通しがよく、日陰、雨水などの条件を満たす校内の空きスペースを活用しました。

駒打ちをして二年目のほだ木から、しいたけを収穫することができました。芽を出した姿はユーモラスであり、愛らしくもありながら、味も歯ごたえも抜群です。今年はなめこの菌床栽培にもチャレンジしています。今回が初収穫となり、生徒は家に持ち帰っていきました。各家庭でどのような味になったでしょうか。

 

<< MGニュース一覧へ