【学習】ガイダンス合宿

高校1年生に対して入学直後にガイダンス合宿を実施しています。合宿の目的は「明治学院の歴史とキリスト教を学ぶ」「クラス討論や集団での活動を経験し、その後のホームルーム活動に役立てることができるようにする」「友人の立場を理解し、相手を思いやり、自分のわがままを抑えることを経験する」など多岐にわたります。最終日は、明治学院発祥の地である横浜の史跡見学を行います。

今年度は4月14日から一泊二日の日程で実施しました。軽登山やクラスごとのホームルームの時間があり、一泊二日ながらも内容の濃いプログラムになっています。ホームルームの時間をどのように使うかは各クラスに任されています。今年も、新聞紙タワー作り、マシュマロチャレンジ、明学クイズ、人間知恵の輪、バースデーライン、風船ガムテープはがしなど様々な企画が行われて、各クラスで親睦を深めることができていたようです。

講義の時間は、キリスト教について真剣に学ぶ生徒の姿がありました。また、行事紹介の時間では、先輩たちが行事で活躍する映像を見て、在校生の行事に取り組むエネルギーを感じられたのではないでしょうか。

  

  
翌日は、明治学院の歴史に関する講義をうけた後に横浜へ移動して中華街で昼食をとりました。その後、明治学院発祥の地である史跡見学を行いました。横浜開港資料館をはじめとして課題に取り組みながら、本校の歴史を感じてくれたことと思います。
初日の軽登山では澄み切った富士山が見えるなど、絶好の天候に恵まれた一泊二日のガイダンス合宿となりました。

 

<< MGニュース一覧へ