キリスト教教育

明治学院のキリスト教

 明治学院は1863年創立の英語を学ぶヘボン塾と、1873年創立のキリスト教を学ぶブラウン塾が合流して大きく発展しました。キリスト教の宣教師であるヘボンやブラウンが来日した頃の日本は江戸時代末期で、社会が大きく移り変わる時代でした。彼らは慣れない日本の生活の中で謙虚な姿勢で人々に接し、愛と献身の生き方を一生涯続けて多くの日本の人々に感銘を与えました。

 明治学院は創立以来礼拝を守り続けており、礼拝をとても大切に考えています。各学期の始業式と終業式も、聖書を読んで讃美歌を歌う礼拝形式で行っています。

 礼拝は英語でserviceと言い、奉仕を意味する言葉です。イエス=キリストが自らの命を捧げて人々に教え、仕える歩みをされたことを覚え、私たちもそのことに感謝して礼拝を大切にするのです。

 礼拝は私たちを生かして下さる神に祈りと賛美を捧げるとともに、聖書の言葉を通して神が私たちに望まれている生き方とはどのようなものか、私たちはいかに生きるべきかに目を向ける時です。また、礼拝を通して私たちはこの学校の創立者たちの生き方に思いを寄せる時でもあります。礼拝では讃美歌を歌い、聖書を読んだ後に、主に本校の教職員がメッセージを語っています。メッセージの内容は自分に響いた聖書の言葉、イエス=キリストの教えや生き方、明治学院関係者の歩みなど様々です。