総合学習

調査や体験を通して課題解決能力を高めるのが総合学習の目的です。1年生は「ガイダンス合宿」で学ぶ「キリスト教と明治学院」をテーマとしてレポートを作成します。2年生は、各テーマに基づいた授業と研修旅行(実地調査・体験学習)があります。各コースの研修旅行は人数枠がありますが、自分で好きなコースを選ぶことができます。

長崎を学ぶ・・・長崎(3泊4日)

昔から多くのキリスト教信者がいる長崎、数十年前には原子爆弾も投下された長崎。他にも歴史と伝統をもつ長崎は出島、ハウステンボスをはじめ、南蛮文化や外交で栄えた観光地・見所が盛りだくさん。長崎という生きた教材から多くのことを学ぶことができます。

沖縄の文化・歴史・自然を学ぶ・・・沖縄(3泊4日)

「沖縄」を見ると「日本の問題」が見えてきます。平和の問題にしても、またブームとなっている沖縄音楽、ドラマでも流行した沖縄独特の言葉、長寿を支える食材など、総合的に沖縄を探求することは我々の生活や生き方を見直すきっかけにもなります。

田舎暮らしを学ぶ・・・新潟県入広瀬村(年数回合計7泊以上)

新潟県入広瀬村を拠点に、現地の人々との交流をしながら、現地で借りた民家での生活や農作業を通して生きていくための術を学びます。都会生活を離れた時間と空間の中で「生きること」の厳しさを知り、またそれゆえに自然の素晴らしさも味わうことができるでしょう。

はんなりと京都を学ぶ・・・京都(2泊3日)

「千古の都」京都。伝統とモダン融合の地であり、国際都市として海外の注目を集めている京都について、その「衣・食・住」を体験学習を中心に学びます。和菓子やおばんざい作りの体験、着物についての学習と試着、町屋での茶道体験を通して伝統文化に触れつつ、海外からの京都居住者や留学生との交流を行い、海外から見た京都についても考えます。

韓国の文化と歴史を学ぶ・・・韓国(2泊3日)

「近くて遠い国」といわれる韓国ですが、その歴史や文化を学びながら、韓国を訪れ、現地の高校生とも交流し21世紀の新しい関係のあり方を模索してみませんか。そうした取り組みを通じて相互信頼にもとづいた「近くて近い国」の関係をつくりましょう。

台湾の文化と歴史を学ぶ・・・台湾(3泊4日)

かつて50年間日本の植民地でありながら、親日の地域・台湾。日本統治時代の建築物や、日本語話者がたくさんいる台湾の歴史や文化を学びます。また、かつて台湾と明治学院にあった教会や学校を通じての強い結びつきを知ることで、明治学院についても学びます。