MGニュース

2019.03.25
【学習】春期講習 ~TOKYO GLOBAL GATEWAYに行こう編~


3学期の定期テスト終了後から終業式までの期間を利用して春期講習を実施しています。講習内容は、入試対策や授業内容の復習・次年度の予習まで、さまざまな科目で幅広く設定しています。

今回は、英語科の講習の一つとして実施された「TOKYO GLOBAL GATEWAYに行こう!」をお伝えします。この講座は校外で実施されたものです。


3月19日、受講した生徒とともにお台場近くにあるTGGで半日間英語漬けの体験をしました。

TOKYO GLOBAL GATEWAY(東京都英語村)はレストランやホテル、病院、そして飛行機など海外で生活する際に訪れることが想定されるお店や施設を舞台に、オールイングリッシュで1日過ごすことのできる、英語実践の場を提供している施設です。


1つ1つの設備が非常にリアルで、生徒たちも驚いていました。今回は病院で怪我や病気の症状を医師に説明したり、ショッピング、ホテルの予約を体験し、最後には日本の魅力をプロジェクターを使ってプレゼンしました。


最初は表情が固かった生徒もいましたが、ネイティブスピーカーやグループのメンバーと一緒にミッションをクリアしていくことで、最後には笑顔で生き生きと英語で会話をしていました。

[今年度の講習一覧]
国語:「入試現代文入門演習」「古典文法入門」「小論文入門」
英語:「語源を使った英単語の記憶」「スピーキング対策講座」「TOKYO GLOBAL GATEWAYに行こう!」
数学:「入試問題演習IA」「数学IAⅡB総復習」「数学Ⅲ」
理科:「化学演習」「生物(生物の系統)」
社会:「戦後日本史」「世界史(中国史)」「センター政治経済」「センター地理」

2019.03.18
【行事】第71回卒業式


3月11日(月)、本校チャペルにて第71回卒業証書授与式が行われ、卒業生344名はそれぞれの充実感に溢れた表情で証書を受け取っていました。

各種表彰の後に、学校長による式辞、学院長をはじめとする祝辞をいただきました。式の最後には卒業生による合唱「帰らざる日のために」が行われ、教職員と保護者の盛大な拍手の中で卒業生を送り出しました。生徒一人ひとりの今後の活躍に期待しています。

2019.03.11
【学習】「English Activities」校外学習


2年生の選択授業「English Activities」では一年間の授業の総まとめとして、TOKYO GLOBAL GATEWAYで体験学習を行いました。この英語教育施設では、少人数のグループに、英語のネイティブスピーカーが一人ずつ担当として行動を共にし、プログラムの開始から終了までオールイングリッシュで様々な活動に取り組みます。


例えば、アナウンサーや気象予報士などの役に分かれ、英語のニュース番組を制作したり、オーストラリアの学校と同じスタイルで理数系の授業を受けたりしました。間違いを恐れずに相手に英語で伝えようとすることの大切さを実感したり、普段できないような異文化体験をしたりすることにより、生徒一人一人が自分自身の成長を感じることができる一日となりました。

この体験を活かして、実社会に置いても英語でコミュニケーションを積極的に取れる人になっていってほしいと思います。

  

2019.03.07
【学習】2年生・模試の活用に関する講演会


2/27(水)、2年生を対象にベネッセの方をお呼びして講演会を行いました。模試の結果を分析し、今自分たちがどのように学習に取り組んでいて、これからどのようにしていけばいいか具体的にお話頂きました。

大学に入るだけでなく、入ってから何がしたいのか。それを実現するためには、学力と広い視野が必要であること。それらの具体的な話や、例年の受験生と今の自分を比較し、これからの生活を見直す良い機会となりました。

2年生の3学期は3年生の0学期ともいわれています。それぞれが自分の進路について前向きに考え、努力するきっかけとなることを願っています。

2019.03.04
【クラブ】音楽系クラブ定期演奏会のお知らせ

本校の音楽系クラブの定期演奏会を以下の日程で開催いたします。
いずれも入場無料ですので、どなたでもお気軽にお越しください。


〇吹奏楽部
日時:2019/3/19(火) 18:00開場 18:30開演
場所:大田区民プラザ大ホール(アクセスはこちら)
ポスターはこちら

定期演奏会に向けて週3回の合奏でまだまだではありますが曲が仕上がってきています。全員での楽曲の他に、1、2年生は学年アンサンブルを演奏するため各学年、皆で楽しく絆を深めながら練習しています。1年間の中で唯一3学年フルメンバーで演奏をお届けできる機会です、是非お越しください!


〇ギター部
日時:2019/3/20(水) 17:00開場 17:30開演
場所:明治学院礼拝堂


ギター部は3月20日(水)に本校チャペルにて定期演奏会をやります。この定演は、ギター部にとって一年の中で最も大切にしているイベントで、3学年すべての部員が揃って演奏する滅多にない機会です。

全体合奏、学年曲、カルテットやクインテットによる少人数グループでの発表など、さまざまな形で演奏します。私達自身も、聞いてくださる方も一緒に楽しめる演奏会にしたいと思っています。皆さんのご参加をお待ちしています!


〇ハイグリー部
日時:2019/3/22(金) 18:00開場 18:30開演
場所:大田区文化の森ホール(アクセスはこちら)
ポスターはこちら
J-popや合唱曲、ミュージカル曲や外国語の曲など様々なジャンルの歌を女声合唱ならではの優しい歌声で届けます。ぜひお越しください。

2019.03.01
【学習】英語スピーチコンテスト


2月15日(金)に、英語スピーチコンテストが行われました。本校でのスピーチコンテストは、1・2年生を対象に、有志を募って行われます。英語の成績や海外経験の有無に関係なく、英語が好きで、英語のスピーチにチャレンジしたいという意思を持った生徒が集まります。


スピーチのテーマは自由に選ぶことができ、内容は多岐にわたります。今年度も各人がそれぞれのテーマで発表を行い、練習の成果を存分に発揮することができました。冬休み前からスピーチを考え始め、本番までの約1か月間で何度も練習を積み重ねて本番を迎えます。本番前は緊張に満ちた出場者たちの顔は、終了とともに安堵と達成感に満ちた表情に変わっていました。

入賞者はチャペルで学年の生徒全員を前にスピーチを行うことになっており、今年度も多くの生徒の前で堂々とスピーチを披露しました。


[入賞スピーチのタイトル]
1年生
“The Honor of My Other Self”
“For Convenient Life”
“What is “real beauty”?”

2年生
“It gets better”
“Stage”
” I am a “bud” ”

2019.02.26
【学習】化学基礎・中和滴定の実験


化学基礎では、毎年この時期に「中和滴定の実験」を行います。

これまでに学んだモル濃度の計算や溶液の濃度調整、分子量の計算方法の確認、実験道具の使用上の注意など、一年間の集大成となる実験です。


班によって異なる未知試料を渡しているため、1人1人が予習をしてから実験に臨み、自分たちが扱った未知試料がなんであるかの判定までしっかりと行うことができました。近年では、こうした実験に関する内容が化学の教科書に英語で記述されていることもあり、科目の枠を超えて学習に取り組んでいます。

2019.02.21
【学習】チャペルのパイプオルガンの学習


明治学院の礼拝堂にはオランダ製のパイプオルガンが設置されています。礼拝ではパイプオルガンの音色とともに生徒たちは讃美歌を歌っています。

1年生の必修科目「キリスト教と音楽」の授業において、毎年3学期に生徒たちにとって身近な楽器の学習を行っています。楽器の歴史や構造、音楽について学びます。


先日、1年生のあるクラスで、チャペルの中にある大きなパイプオルガンを見て触って学習する機会がありました。生徒たちは日頃から音色は聴いているものの、パイプオルガンの設置場所が普段立ち入り禁止のために遠い存在でもあります。

パイプオルガンのバルコニーに上がって楽器の構造を見たり、実際にふいごや鍵盤を押して音の出し方を体験しました。興味を示して構造をじっくりと見学したり、歓声をあげながら体験する生徒の姿が見られました。

2019.02.19
【学習】「ハンナのかばん」講演会


2/13(水)に『ハンナのかばん』の著者であるNPO法人ホロコースト教育資料センター代表の石岡史子氏を招き、特別授業を行いました。英語科では、1年生に『ハンナのかばん』の英語テキストを読んでくることを冬休みの宿題として課しています。これは、ナチス政権下でユダヤ人の少女ハンナ・ブレディがどのように生きたのか、またホロコーストとはどのようなものだったのかを描いた作品です。

講演会を通じて、生徒たちは平和の大切さ、戦争の悲惨さをより具体的に考えたようです。いくつかの生徒の感想を紹介します。

・今日の話はとても興味深いし、自分自身の生き方を考えさせられました。ユダヤ人というだけでたくさんの人が殺されたという事実は許されてはいけないことだし、これからも忘れてはいけない、伝えられていくべきことだと思います。私がもし、この時代のドイツ市民の1人だったとして、最後にお話していただいた声を上げた勇気ある人たちのような行動ができるかと考えたとき、きっとできないと思いました。

こんな風に話を聞き、口で言うのは簡単です。行動に移せる人は本当に素晴らしいし見習いたいと思いました。周りに流されない、他人と違うことをするのをためらわない人になりたいです。


・今日「ハンナのかばん」についての話を聞いて集団の怖さを思い知りました。今までユダヤ人差別について聞いたことがあって、「ヒトラーってすごい悪い奴」だと思っていましたが、弱者の立場であるユダヤ人から見れば何も助けようとしない・一緒になって差別してくる人も「ヒトラーと同じくらい、またはそれ以上に悪い奴」なのではないかなと思います。

これは今でも同じで、ただ見ているだけでは「共犯者」になるんだと思います。成長していくにつれ、小さい頃は自分の意見を言えていたのに言えなくなっていく。でもそのままじゃ何も変わらないです。少数派に行くことはすごい勇気がいるし、もしかしたら自分が差別されるようになるかもしれないけどみんなが変わろうとすることが大切だと感じました。

2019.02.15
【学習】総合学習「韓国」食を通しての体験学習


総合学習は、調査や体験を通して課題解決能力を高めることが目的の一つです。1年生は「ガイダンス合宿」で学ぶ「キリスト教と明治学院」のレポート作成、2年生は、各テーマに基づいた授業と研修旅行(実地調査・体験学習)があります。6コースの中から自分で好きなコースを選択することができます。


総合学習「韓国」コースでは、韓国の文化を学ぶ一環として、韓国の食事を体験する授業を年に2回行っています。この日は家庭科室をお借りして、韓国海苔を用いた「キムパ」とジャガイモをすり下ろして焼いた「ジャガイモのジョン」を作りました。

普段の家庭科の授業で慣れているためか、生徒たちは準備や調理、後片付けをテキパキと行い、日本とは少し異なる韓国の食事を楽しんでいました。韓国コースの詳細はこちらをご覧ください。

Next Page >