MGニュース

2018.05.22
【学習】数学科・朝補習


定期テストの1週間前から数学科による早朝補習を実施しています。1時間目の授業前に会議室を開放して、生徒たちの自習をサポートしています。自宅学習で分からなかったり、授業理解が不十分な箇所を早朝から積極的に質問する姿が見られます。

学力差が付きやすい科目であるため、1学期の評価によって夏休みに指名講習も毎年実施しています。

2018.05.19
【クラブ】女子バレーボール部・一部大会出場


女子バレー部は、4月29日・30日に行われた春季リーグ戦を二位で通過し、関東大会予選兼一部大会に出場しました。5月6日に行われた一部大会では、強い選手のプレーを間近で見ることができ、緊張の中でも楽しそうにプレーする姿が印象的でした。

自分たちの良いところ・直せるところを再確認し、良い刺激を得られたようです。


自主自律の根付いたチームであり、練習試合やチーム練習を通して試合経験を積み結果に繋げることができました。

先輩・後輩関わらず意見を出し合い、仲良く活動しています。6月に行われるインターハイ予選は、現3年生にとって最後の大会となります。一つでも多く勝ち進めるよう、さらにチームワークを磨いていきたいと思います。

2018.05.14
【生活】母の日特別礼拝


5月9日(水)の1年生の礼拝は、「母の日特別礼拝」として保護者の方々をお招きし、礼拝を守りました。

奨励者は本校の石川校長で、「ルカによる福音書24章13節」からお話し下さいました。石川先生ご自身のお母様のお話を体験談と共に話されました。礼拝後は保護者の方々と懇談のひとときを持つことができました。

2018.05.09
【学習】「ボランティア講座」白金小学校の運動会に参加


高校3年生の選択授業の一つに『ボランティア講座』があります。本校では、豊富な選択科目の中から各人の進路に応じた科目を履修できるように時間割を設定しています。明治学院大学志望者や推薦試験志望者に対して、「ボランティア講座」や「大学入門講座」などの特色ある授業を展開しています。
その他の選択科目を含めた3年間の教育の流れについてはこちらをご覧ください。


ボランティア講座の校外学習として、4月29日(日)、本校から歩いてすぐの白金小学校で開催された「ふれあい運動会」に、運営スタッフの一員として参加しました。地域の子ども・保護者の方が参加し、パン食い競争や盆踊りなど総勢450名近くの参加があり、大変盛り上がりを見せていました。

主催者の自治会・町会の皆さん、白金小学校の先生方、PTA、明治学院大学のボランティアスタッフの方々から多くのことを学ばせていただき、生徒たちにとって貴重な経験の場となりました。

2018.05.07
【生活】生徒会立候補者による立会演説会

生徒会へ立候補した生徒による「立会演説会」がホームルームの時間を利用して行われました。各クラスの選挙管理委員が司会進行を行います。立候補者の1~2年生が、各学年のすべての教室を回って公約を訴えました。

写真は2年生のあるクラスに対して演説を行っている様子です。1年生の立候補者は上級生を前にして緊張する場面も見受けられましたが、自分の所信表明をしっかりと伝えていました。投票は来週のホームルームに全学年に行われ、開票作業はその日の放課後に選挙管理委員会により行われます。

2018.05.01
【クラブ】仮入部期間中

4月末から1年生のクラブ活動への仮入部期間が始まっています。本校のクラブへの入部率は学年全体の約80%です。

運動系、文化系のクラブと2つの同好会は生徒会の下におかれ、生徒の自主的な活動を大切に運営されています。

[ダンス部]
ダンス部は、いろいろなジャンルのダンスを学び、オリーブ祭(文化祭)・3月公演・大会なので良い作品を披露することを目的に活動しています。

皆の意見を反映させることが難しいときもありますが、男女で活動を行う大人数のクラブであり、本校の人気クラブの一つとなっています。


4月28日(金)の放課後に、主に1年生を対象にした公演を行いました。多くの1年生に見学に来てもらい感謝しています。ダンス部では、1年生の充実した明学ライフを応援します!

[水泳部]
水泳部は、週5回、辛い練習の中でも楽しさを見出して、みんなで励まし合いながら個々の目標を達成できるように活動しています。

夏には、静岡県の三保の松原にて4泊5日の夏合宿も行なっています。


4月29日(土)の部活内容は、陸上トレーニングとプール掃除でしたが、18人もの1年生が参加しました。陸上トレーニングにはまだ慣れていない様子でしたが、プール掃除は2~3年生と協力し合いながら、積極的に取り組む姿がありました。

[硬式テニス部]
硬式テニス部は、朝練と放課後練習を中心に活動しています。学校以外に、大井ふ頭中央海浜公園をはじめとする外部施設を利用して、放課後練、部内戦、他校との練習試合も行っています。


テニス未経験者には、ラケットの持ち方を教えて素振り練習をさせたり、足の動かし方を教えました。一方で、今年の1年生は男女ともに経験者も多く、仮入部期間ながらも2年生も刺激を受けならば部活動に励んでいました。

[演劇部]
演劇部は、放課後の練習や夏合宿などで発声、台本読み合わせ、演技練習、筋トレなどに取り組み、オリーブ祭などで公演を行っています。

4月27日、28日の2日間にわたって新入生歓迎の公演を行いました。『放課後、またいつか』というオリジナル劇を発表しました。

2018.04.20
【行事】ガイダンス合宿


4/12~13日にかけて、1年生を対象に1泊2日のガイダンス合宿が行われました。この合宿は毎年1年生を対象に、明治学院の歴史とキリスト教を学ぶことを目的として行われています。また、合宿を通して1年生全体で集団生活のあり方を学ぶ場ともなっています。


1日目は山梨県の富士山の麓に宿泊し、ハイキングや各クラスのホームルーム企画、そしてキリスト教と明治学院について学びました。
2日目は、明治学院の歴史と校歌について学んだ後、横浜に学習の場所を移し、明治学院ゆかりの地をグループごとに散策しました。
生徒たちは高校で初めての合宿に緊張しながらも、どの活動にも積極的に参加していました。

  
  

2018.04.18
【生活】卒業生講演会


4/14(土)、2~3年生を対象に卒業生講演会を行いました。

毎年、2年生には社会人として活躍する卒業生を招いています。高校生活、進路の決定、社会に出て感じることなどを中心に講演してもらいます。一方で、3年生には大学生の卒業生を招いて、大学生活や大学受験への学習方法を中心に講演してもらっています。


3年生は、生徒の進路に応じて各教室に分かれて講演を行います。時間の使い方、学習方法、進路を決定するうえでのポイント、大学生活など、多岐に渡る内容・体験談を卒業生に話しもらいました。講演会後には、積極的に卒業生に質問する生徒が見受けられ、進路について考える有意義なプログラムとなりました。

[講演会後の感想の一部]

  • 講演者全員のチャレンジ精神がすごく、多くの経験から知識を吸収して、養っていくものであることにきづかされた。そして、「自分の文化の幅をひろげる」という言葉が印象に残っている。高校生活の中で、自分の得意不得意に縛られることなく、さまざまな可能性をひろげていくべきだと感じた。
  • 講演者の中の1人が「無意識の選択をどれだけ意識に変えられるか」と述べていた。そして、自分たちが一日に約9,000もの選択をしていることに驚いた。話を聞いたことで、私は一つ一つのことに対してもっと考えて行動するべきだと思った。高校卒業後の進路に対して、自分とさらに向き合うことで、答えを見つけていきたい。
2018.04.16
【生活】イースター礼拝


本校では、各学年ごとに週2回礼拝を行っています。先週、イースター礼拝が行われました。「イースター」とは、イエスの復活を覚えて祝うキリスト教の行事です。
1~2年生は礼拝を本校教員が担当し、3年生は代々木中部教会牧師北川正弥先生がイースターの意味を生徒に分かりやすく語ってくださいました。

2018.04.11
【行事】宿泊研修会


春休み期間の3/27~28日に宿泊研修会が行われました。宿泊研修会は毎年あるテーマを設定して、それについて教員と生徒が議論を重ねていく企画で、参加は任意となっています。研修会の合間には、生徒と教員がお菓子を食べながら楽しく過ごすこともできる本校ならではのユニークな企画です。
今回は『LGBT』をテーマとして取り上げ、講師には自らもその当事者として広く活動されている中村吉基牧師をお招きしました。今年は生徒14名、教員9名がこのテーマについて話し合いを行い、ともに分かち合う貴重な時間となりました。

[生徒の感想]

中村先生のお話からは、性別や性的指向の違いは性格の違いと紙一重だという事に気付きました。元々線引きをしたのは人間です。イエス様のメッセージはこうした線を全て取り払わなければならないという事だったのではないだろうか。ユニークな性格をした人がいたら面白くなるのと同じで、LGBTを含む色々な人のいる社会は、本来はとても楽しい場所なのだということを確信することができた。私も差別を生んだ古い偏見をなくしていける働きをする一人になりたいと思いました。

Next Page >