MGニュース

2018.08.24
【学習】企業経済・ビジネスプランコンテスト開催

7/2(月)、選択授業「企業経済」の授業の一環として、ビジネスプランコンテストが行われました。

このコンテストは、高校2年生の選択科目「企業経済」を受講した生徒が、これまでに無い新しいビジネスプランを考えてプレゼンして、それを講師の方々に評価して頂き、優勝を決める企画です。講師の方々は、実際に企業を経営している社長様方が中心となっています。

今年のテーマは、「シェアリングエコノミー」でした。昨今では、「カーシェアリング」「民泊」「DIY技術の講習会」などに代表されるように、特定の「物」「空間」「技術・ 知識」などを共有するという新しいタイプのビジネスが話題となっています。生徒たちには、身の回りにあるまだ活用の余地があるものを見つけて、新しいビジネスにつなげる」という視点でプランを作成してもらいました。

生徒たちは1学期の間、新しいビジネスプランの作成に頭をひねらせてきました。身の周りにいる人々が抱えている問題や社会が抱えている課題を探求します。それを解決するための新しいビジネスを考えて、その「ビジネスの種」を事前に講師の方々に評価して頂きました。 アドバイスとヒントをもらいながら、より具体的なビジネスプランへとブラッシュアップしていきました。

今年度、優勝したチームのプランは「働く親に向けた第二の託児所~THE SECOND NURSERY~」でした。これは、主に共働き世帯を対象にしたビジネスです。保育園に通う子供を、延長保育の時間を超えて保育してほしいというニーズに応えて、保育園から老人ホームへと園児を移送し、そこで高齢者と時間を共有しながら、保護者の帰宅を待つというサービスです。

このビジネスのサービス内容は、保育園から老人ホームへの子供の移送、夕食の手配、老人ホームでの保育です。


生徒は、実際に老人ホームに足を運んで調査をし、食事をとるための大広間が、食事が終わると特に使用されないという情報を得て、その空間を保育をするために活用しようと考えてこのサービスが生まれました。

審査を務めた講師の方々の見解として、実際にこのサービスを実現しようとすると、クリアしなければいけないハードルが多々あり、また行政のサポートも必要になるであろうと考えられましたが、核家族化や共働き世帯の増加に伴う保育の担い手の欠如と、空きスペースの有効活用とをうまく結びつけられたという点が高評価を受け、優勝となりました。

当日は、書家の方にもお越しいただいて賞状を作成していただき、表彰を行いました。

2018.08.22
【クラブ】夏期合宿 ~軟式&女子硬式テニス部編~

軟式テニス部と女子硬式テニス部は、山梨県忍野村で合同で4泊5日の合宿を行いました。通常の学校での練習とは異なり、多くのコートを使用して、気候的にも恵まれた環境のもと、公式戦に向けて有意義な練習をすることができました。

[軟式テニス部]
軟式テニス部は普段から男女合同で活動を行っていて、部員のレベルもさまざまです。今回の合宿を通して、部員一人ひとりが見つけた課題の克服、目標の達成に向け、学校に戻ってからの日々の練習に活かしていきたいと思います。


[女子硬式テニス部]
午前は基礎練習、午後は試合形式の練習を行いました。日頃はなかなか出来ない試合形式の練習を数多くできたことで、9月からの公式戦に向けて、各部員が課題を見つけられた合宿となりました。

2018.08.20
【クラブ】夏期合宿 ~演劇部&ESS部編~


演劇部とESSは、奥多摩福音の家に宿泊して合同で夏合宿を行ないました。3泊4日の予定でしたが、台風の影響を避けるためにやむなく滞在を短縮して実施しました。

そのようなアクシデントがありましたが、オリーブ祭(文化祭)に向けての練習や英語力を高めるなど、充実した時間を過ごしました。


[演劇部]
演劇部長(生徒)のコメント
演劇部は、奥多摩へ行ってきました。台風のため日数は1泊2日に縮められてしまいましたが、短い時間のなか、稽古を重ねて、また、部員間の仲を深めることが出来ました。演劇部はオリーブ祭にて公演をする予定です。観にきて下さる方々の心に何かを伝えられるように頑張ります。オリ祭で待っています!


[ESS]
普段の活動は限られた時間ということもあり、英語による活動も十分ではありませんが、合宿では英語漬けの時間を過ごし、楽しみながら英語力を鍛えることができました。二人のアメリカ人教諭と過ごした時間は、日常の細かい会話も含めて英語の良い勉強になったように思います。あいにくの台風の接近で予定より早く合宿を終了せざるを得ませんでしたが、思い出深い時間になりました。

2018.08.17
【クラブ】夏期合宿 ~アメフト部編~


8月5日〜10日、5泊6日で長野県上水内郡小川村にて、夏合宿を行いました。整備された素晴らしい天然芝と1000mを超える標高の高い地域ということで、木陰は涼しく、夜は冷んやりという最高の環境で練習を行えました。

9月から始まる大会に向けてとても良い準備が出来ました。

  

  

2018.08.13
【クラブ】夏期合宿 ~男子硬式テニス部編~


男子硬式テニス部は毎年7月末に長野県にて合宿を行っています。合宿では基礎練習からポイント練習、部内戦(シングルス・ダブルス)、走り込みなどさまざまなメニューや試合を行っています。合宿中は朝練、午前練、午後練があり、普段とは比較できないほどテニス漬けの生活を過ごすことになります。


例年と同様に、夕食後はミーティングだけでなく、勉強時間も設定しています。テニスと学習の両面から学ぶことができたのではないでしょうか。晴天に恵まれて有意義な4泊5日の合宿を無事に終えました。この合宿での経験に加えて、今後は他校との練習試合を通して実戦経験を積み、秋からの公式戦に臨んでいきます。公式戦で一つでも多くの勝利、ポイントを取れるように頑張っていきます。

2018.08.11
【クラブ】卓球部・1年生が大会デビュー


卓球部には、今年度も多くの1年生が入部しました。毎年、地区別大会(団体戦)は、新入生のデビュー戦です。高校入学後の初めての大会のためか緊張も見受けられましたが、1年生だけのチームで支え合いながらベスト32まで勝ち進みました。

次のジュニア予選では、個人でもチームでもさらなる高みを目指します。

2018.08.10
【クラブ】夏期合宿 ~サッカー部編~


サッカー部の夏合宿は、栃木県湯西川温泉にて3泊のトレーニング合宿の後、茨城県波崎に移動して2泊の練習マッチを中心とした遠征を行いました。

例年涼しい湯西川も今年は39℃を超え、選手は体力的にも精神的にも鍛えられました。波崎では強豪校との練習マッチを通じて、大会に向けての課題を整理することが出来ました。

 

2018.08.08
【クラブ】夏期活動 ~クッキング部編~


7月24日、クッキング部は千葉の八街にある「たがやす倶楽部」に夏期活動に行ってきました。無農薬有機肥料の農場は駆け出したくなるほどふかふかの土。裸足で収穫したのは丸茄子、空心菜、つるむらさき、おくら。採れたての生のおくらがみずみずしくて最高でした。


夏野菜を収穫したあとは、中華料理の先生の指導のもとで中華料理を作り、出来立てを堪能しました。普段学校ではできない体験をして、ますます大地の恵みに感謝できた一日となりました。

クッキング部は、オリーブ祭(文化祭)の一般公開日に食品販売を行います。部員一同、多くのご来場をお待ちしています。

 
 

2018.08.06
【クラブ】夏期合宿 ~陸上部編~


陸上部は長野県蓼科にて5泊6日の合宿を行いました。今年は晴天に恵まれ、ほぼ全てのメニューを予定通りこなすことができました。普段以上に厳しい練習に取り組み、体力と自信をつけて東京に戻りました。

一人ひとりが自己記録を更新できるように、今後も切磋琢磨してゆきたいです。

2018.08.03
【クラブ】夏期合宿 ~バレー部編~


男子バレーボール部と女子バレーボール部は、合同で5泊6日の夏期合宿を行いました。東京に比べて、涼しく自然豊かな長野県佐久穂町で、開校礼拝で聖書の言葉に耳を傾けたあと、宿から徒歩5分にある体育館で、朝から夜までみっちりと練習を行いました。


男子バレーボール部は選手12名、マネージャー4名で、今年は初心者が多いため基礎的なトレーニングを中心に行いました。卒業生や、引退した3年生も駆けつけてくれ、最終日にはチームで戦術を立ててゲームができるまでになりました。

女子バレーボール部は今年選手18名の選手、マネージャーで、新チームで挑む新人戦に向けて、チーム戦術を磨いていました。


大きなけが人も出すことなく、6日間の共同生活を経て、一回り大きくなって選手やマネージャーとも無事に東京へ帰ってきました。合宿での経験をいかして、これからの大会に向けて頑張っていきます。

< Previous Page Next Page >