仮設校舎

仮設校舎の建設が始まりました


[2月]
仮設校舎が完成しました。
(写真1)生徒玄関入り口へのスロープ。この2階スロープから出入りを行ことになります。

(写真2)仮設校舎にはエレベーターが設置されています。


(写真3)情報科室や家庭科室などにこれから設備を整えていきます。

(写真4)北側廊下の窓から見えるグラウンドの景色。


[1月]

仮設校舎もほぼ完成し、現在は内装などの仕上げ工事が進んでいます。今年度の入試を旧校舎で行なった後、3月中旬に引越し、新学期から真新しい仮設校舎での高校生活が始まります。


なお2月22日(土)には「旧校舎さよなら式典」を開催いたします。
詳細はこちらをご覧ください。


[12月]

仮設校舎の建屋がほぼ完成しました。現在は、校舎内の電気設備(照明や空調)と内装工事が順調に進んでいます。仮設とはいえ、真新しい教室は明るくてまっさらです。


[11月]

仮設校舎の建屋は半分ほど完成し、実際に見ると想像以上に大きく感じられます。今後は内装工事を同時に進めていきますが、明るく落ち着いた雰囲気の環境にしたいと考えています。

なお仮設校舎へは、スロープを使って2階部分の生徒玄関から出入りすることになります。


[10月]

仮設校舎棟の基礎工事が終了し、いよいよ建て方工事が始まりました。

仮設とはいえ、しっかりとした基礎土台の上に鉄骨造(3階建)で建築しているため、堅牢な校舎棟になります。


[9月]

夏休みから9月にかけては基礎工事を行なっています。現在の状況はまるで遺跡発掘の現場のようです。

グラウンドは狭くなりましたが、工事エリア(仮囲い壁)の外(写真の奥側)で体育の授業や部活動を行なっています。


[8月]

7月29日からグラウンドに仮設校舎の建設が始まりました。

完成は2020年3月(予定)、使用期間は2020年4月から2022年夏までとなります。

今後、仮設校舎の建設状況を月に一回程度の更新をしていく予定です。


仮設校舎に関する情報

期間

2020年4月から2022年夏

主な特徴

・プレハブ3階建て 中庭空間による採光

・定員43名定員8クラス分のホームルーム教室+特別教室

・最新のエアコン、ICT機器の導入等

※体育館、本館校舎は継続して利用します。